例外貸付 5.配偶者貸付 専業主婦へのキャッシング

店長のミホです。

Q:専業主婦ですが借入できますか。

A:もちろんです。専業主婦の方は配偶者貸付のご利用が可能です。


キャッシングは使途により、総量規制の「例外貸付」になる場合があります。
●例外貸付(お客様の利益の保護に支障がないキャッシング・借入)
5.配偶者貸付 配偶者と併せた年収の3分の1以下の貸付 /キャッシング 借入
配偶者貸付も即日ご融資が可能です(平日の場合)。

 配偶者の同意を得ての、専業主婦へのキャッシングで、配偶者と併せて年収の3分の1以内の貸付(配偶者貸付) /キャッシング・借入

専業主婦は主婦として毎日働いていますが、給与という形では収入がないことになってしまいます。しかし、生活を共にする配偶者の収入がありますから、夫婦の収入を所得として考えると専業主婦にも収入はあります。配偶者(ご主人)の収入と専業主婦の収入を合わせることで専業主婦にも収入があるとみなせるわけです。ですから収入の1/3の範囲で借入・キャッシングが可能です。このことを配偶者貸付と呼んでいます。

【必要な書類】:
1.お客様と配偶者との婚姻関係を証明する婚姻関係証明書
 住民票写し: ・発行から3ヶ月以内 ・お客様と配偶者の「使命」「生年月日」「住所」「続柄」が記載されている住民票(マイナンバーの記載がないもの)
2.配偶者の同意書(エレガンスに書式がございます)
3.収入証明書
・給与所得の源泉徴収票
・給与明細書(2ヶ月分)
・確定申告書
・納税証明書(納税通知書)
・年金証書
・年金通知書

配偶者貸付 ご利用可能額の計算方法

奥様が専業主婦の場合

ご家族の例 収入・借入残高の例
奥様が専業主婦の場合 奥様が専業主婦でご収入がない場合
年収 0円
ご主人 年収360万円の場合
   
奥様のキャッシング残高 15万円の場合
   
ご主人のキャッシング残高
キャッシングには、住宅ローン・自動車ローン・クレジットカードでのお買物は含まれません。
20万円の場合
   
●計算方法:
(奥様の年収+ご主人の年収)/3
(0円+360万円)/3 = 120万円 借入限度額(夫婦全体での借入限度額)

(奥様のキャッシング残高+ご主人のキャッシング残高) 現在の夫婦全体のご利用額
15万円+20万円 = 35万円

現在の夫婦での借入可能額
120万円 ― 35万円 = 85万円

夫婦で85万円までがお借入の限度です。奥様が85万円キャッシングすると、ご主人はキャッシングできなくなります。

●即日融資の流れ

1.電話でのお申込み あるいは ネットでのお申込み
2.メールに必要書類を添付して送信
3.審査
4.ご送金(平日は即日融資)

配偶者貸付 総量規制(年収の1/3を超える借入)から「除外」される貸付

新たな規制が加わり、大手消費者金融では専業主婦のキャッシング、借入が困難になっているようですが、
レディースキャッシング・エレガンスではそんなことはありません。配偶者貸付と呼ばれる例外貸付があります。
専業主婦の皆様も、安心してレディースキャッシング・エレガンスへキャッシング、借入のお申込を!!
また、年収の1/3を超えて借りているからといって、あきらめなくても大丈夫です。キャッシングには、例外、あるいは除外規定があり、キャッシングが可能な場合もあるからです。レディースキャッシング・エレガンスは、お客様のお役に立てるように一緒に考えます。
かならず、ご相談下さい。即日ご融資も可能です(平日の場合)。

前のページに戻る